債務整理の3つの方法

借金の悩みを法律の力をもって解決する債務整理ですが、大きく分けると3つの方法があります。任意整理、個人再生、自己破産です。どの方法で債務整理をしていくかは、弁護士との相談して方針を決めていきます。いずれの方法にしても借金の返済が滞ってしまっていると、金融業者から毎日嵐のように督促の電話がかかってきます。

さらには、督促の書面も自宅に送られてきます。場合によっては、勤務先に電話をしてくることもあるのです。それが法律事務所で相談をすることによって、正式に債務整理をする受任をします。その受任したことを各債権者に通知します。これがどのような効果があるのかというと、依頼者である債務者の代理人となったことによって、今後の督促や交渉についてはすべて弁護士を通さないと交渉することができないことになります。

つまり、直接債務者に金融業者は督促することができなくなるので、これまで毎日のように悩まされていた督促の電話から解放されることによって、精神的にも楽になります。まずは、受任したことを文書で知らせてから今後どうするかの方針を決めていくことになります。一般的に多く手続きされているのが任意整理です。

任意整理は、最初の取引から最新の取引までの全期間を法定金利である15%〜20%以下に引き直して再計算をします。そして、払いすぎた利息である過払い金が発生していれば、その金額を減額に充てる手続きです。それと、今後金利がかからないようにできるため、あとは毎月無理のない返済金額で原則3年以内に完済をすることができるようにする手続きです。

個人再生についてですが、減額する手続きは任意整理と同様に過去の取引履歴を遡り過払い金が発生していれば減額に充てる手続きです。その減額された借金を3年以内に完済をすることが難しい場合に、自己保有の財産を換価して借金の減額分に充てることができる手続きです。財産を処分するといっても住宅など生活に生活に必要なものは残したまま手続きをすることができます。そのため減額される割合は任意整理よりも多くなります。

自己破産ですが、借金の返済を法的に全額免除してもらえる手続きです。ただし、裁判所に今後の収入や保有している資産を換価したとしても完済することが難しい、返済不能であると判断された場合に免責となり、自己破産が成立することになる手続きです。

任意整理、個人再生、自己破産いずれの債務整理の手続きも借金を減額させることができたり免除してもらうことができる手続きですので、生活を再建させるために有効な手続きであるといえます。ただし、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうデメリットもあります。

債務整理の口コミや評判

昔と今の借金事情

お金が無くて困っている場合に銀行や消費者金融でローンの申し込みをすることによってお金を借りることが可能になっており、カードローンのようなキャッシングのサービスも普及しているのですぐにお金が必要な場合でも借りることができます。

最近であれば少額の借り入れに対しては金利も20%を超えない範囲で借りることができますが、この金利に対して高いというイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし、実際のところは金利20%というのは昔に比べるとかなり低い数値であり、一昔前は金利が50%を当たり前に超えるような時代であったため、お金を借りてコツコツ返済しても元金が減らない状態が続き、借金の返済をするために他の金融機関からお金を借りて多重債務の状態に陥ることも少なくありませんでした。

金利が下がった現在においてはコツコツ返済していれば完済をすることができるはずですが、それでも多重債務に陥る人というのは後を絶えない状態となっています。多重債務の状態になるといくつかの金融機関から借金をしている状態になっていることにもなりますが、それぞれの金融機関に対してお金を返す義務が生じるので毎月の返済にかかる負担というのはかなり増大することになります。

お金を借りることができる環境にあるということは恵まれた環境にあるとも言えますが、一方で借金をすることは自分の人生を狂わせてしまう可能性もある怖い行為であるということも意識しておく必要があります。