多重債務の末路は自己破産

多重債務者が辿る末路として多いのは自己破産ですが、自己破産は債務整理の中でももっともレベルが高い借金整理のことで既存の借金を帳消しにすることができる代償に自分の財産を失うという借金の世界においては究極のもろ刃の剣となっています。

しかしながら自己破産を検討するくらいの状況になっている場合は既に財産を手放した後であることも多いので、自己破産をしてもそこまで多くの私物を失う人というのは多くありません。

自己破産をすることのメリットは借金から解放されるという点で、特に多重債務者の場合はそれぞれの借り入れ先からしつこく催促や取り立てなどがあったことも考えられますが、全てがリセットされるので金融機関に怯えることない平穏な日々を取り戻すことができます。

ただし、自分からアクションをかけることなく多重債務になることはなく自分の意志の連続によって借金をたくさん作ってしまったわけなので、返すことができなくなったから自己破産というのが簡単に通ってしまっては道理に反します。

そのため、財産の没収という他の債務整理には見られないペナルティがあるわけですが、他にも就業の制限やブラックリストに名前が掲載されるなどさまざまなペナルティがあります。

また、多重債務になった原因によっては債務整理をすることができないこともあるのでまずは借金問題に強い弁護士や司法書士に相談をして債務整理をすることができることができるか確認しておく必要があります。

消費者金融を返しやすさで比較してみた

私は昨年マイホームを購入し、住宅ローンの支払いに追われています。 月収の大きな割合が住宅ローンの返済に消える上、妻や子供を養わないといけないので、ほとんど自由になるお金がありません。 そんな中、毎年行っていた家族旅行のお金も出せないピンチがやってきました。 マイホームを買ったのだからあきらめろと言いたいところでしたが、妻はもちろん、何より子供が楽しみにしている夏のイベントなので、父親としてここは頑張らないといけないと思いました。 そこで思い切って消費者金融で、旅行資金として15万円ほど用立てることにしたのです。 もっとも、住宅ローンを抱えている以上、この先もお金に困ることは多くなると考え、何度でも繰り返し借りられるというカードローンを選ぶことにしました。 カードローンといっても非常に多彩で、申し込み方法から借り入れ方法、金利や返済方法などが異なることが、比較して行くうちに分かってきました。 金利水準が気になるのは当然として、私が着目したのは返済方法だったのです。 というのも、住宅ローンの返済を抱えているので、毎月の返済額が嵩むと返せなくなるという心配があったからです。 最低返済額が定められているカードローンが多かったのですが、たとえば、5万円借りた場合に、最低返済額が2,000円以上、3,000円以上、5,000円以上、10,000円以上などと大きく差がありました。 大きな金額を返せれば利息負担は減らせますが、必ず返すべき金額が大きいと返せなくなるリスクがあります。 そこで、最低返済額が最も低いところを選んだうえ、余裕があるときに多めに返済することにしたのです。

消費者金融の口コミ・評判