多重債務とは

安定した収入があって年齢的な条件をクリアし、なおかつ過去に金融機関からお金を借りて返すことができなくなり債務整理などをしたことがない場合はキャッシングやカードローンを利用することができる金融機関は多くあります。

昔は小口融資でお金を借りる場合は消費者金融というのが一般的でしたが、最近は銀行でも個人向けにカードローンのサービスを積極的に提供するようになっているので、消費者側は利用したい金融機関を自由に選んでローンの申し込みをすることができるようになりました。

通常であれば借金をする場合は目的があってその目的を果たすことができれば新たに借りるということはありませんが、カードローンのような自由に借りることができるローンだとついつい他の用途でも借りてしまい借金が膨らむことがあります。

その場合に複数の金融機関から借りてしまうくらい借金が増えてしまうこともありますが、このような状態を多重債務と呼んでおり、借金返済にあたってはそれぞれの金融機関に対しての返済義務が生じることから負担は大きくなってしまいます。

総量規制が施行されたことによって本来であれば多重債務になるリスクというのは低減しているはずですが、それでも不要な借り入れを繰り返して多重債務の状態になる人は後を絶えません。

多重債務にならないためにもお金を借りる場合は借りてから完済するまでの流れを把握して計画性をきちんと持つことが重要なポイントになると言えるでしょう。